日新特殊建設株式会社
サイトマップPRIVASY POLICY
HOME PROFILE PFシステム 土木防水 防水改修 コンクリート補修 薬液注入 CONTACT US

土木防水
| 土木防水TOP | カスタムNT | AML工法 | プレノ-Fシート工法 | 施工例 | 施工実績 |
AML工法
AML工法[アスファルトマルチライナー工法]

シートとアスファルトコンクリートによる遮水工法

AML工法(アスファルトマルチライナー工法)は、アスファルトコンクリートで遮水シートを上下からはさみ込み一体化することで、安全かつ高耐久な遮水構造物構築を目的として、大林組が開発した廃棄物処分場遮水工法です。
このAML工法の遮水シートには当社のアスファルト含浸シート(カスタムNT40)が使用されています。
特長

1 遮水シート上下にアスファルトコンクリートを敷設することにより、遮水シートを強固に保護します。
2 砂層による遮水シートの保護が不要となり、埋立容量も増加し、トラック走行も可能です。
3 底盤の保護アスファルトコンクリートにポーラスアスファルト混合物を採用することにより底盤部全体で面排水させることも可能です。
4 電気式漏水検知システムの採用も可能です。

基本構造

基本構造図
施工方法

1 下層遮水工
水密性アスファルトコンクリート
 
2 上層遮水工
遮水シート(アスファルト系)
 
3 保護工
保護アスファルトコンクリート
下層遮水工 上層遮水工 保護工


1 ウインチポータによる水密性アスファルトコンクリート敷設
 
2 水密性アスファルト
コンクリート締固め
斜面用振動ローラ
ウインチポータによる水密性アスファルトコンクリート敷設 ウインチポータによる水密性アスファルトコンクリート敷設 水密性アスファルト
コンクリート締固め

1 ウインチポータによる水密性アスファルトコンクリート敷設
 
2 水密性アスファルト
コンクリート締固め
斜面用振動ローラ
ウインチポータによる水密性アスファルトコンクリート敷設 ウインチポータによる水密性アスファルトコンクリート敷設 水密性アスファルト
コンクリート締固め

Copyright(c)2008 日新特殊建設株式会社